読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

"ジャニーズ・フューチャー・ワールドin梅芸"私の、私による、私のための、注目ポイントまとめレポ〜その1〜

現場 レポメモ

備忘録を兼ねて、まずは出演者の諸々に焦点を当てた私の、私による、私のための注目ポイントまとめです。1幕と2幕にわけて二本立てでお送りするつもりが、膨大な量になったので急遽3本立てに変更しました(笑)

勢いで書き上げたので間違い等あるかもしれませんが、今回は書こうと思ったいまこの瞬間の熱量を閉じ込めることを重視したので温かい目で見守ってください( ◜◡◝ )ていうかジャニワ新参者(いや関係ないかも知らんけど)、曲名が分からなすぎて涙目……後から調べます……

その2、その3も出来次第ホヤホヤでお届けするよ!(仮)

 

【本編開始前】
・上映されているライブ映像のバックが宇宙に浮かぶ地球と人工衛星でヒロムおじいちゃんに思いを馳せる。

【OP〜♪ノイナ】
・上手通路にてチケットを持って座席を探す16年組嶋崎斗亜くんのハチャメチャに可愛いお顔正統派美少年で将来に期待だしソワソワしているフレッシュ感が必見。わたしが代わりに席を探してあげたい(黙)。
・内Pの銀髪?ブロンド?のビジュアルが3次元を突き抜けてもはや2次元レベルの尊い美しさ。
・フライングセットした後に肩ポンポンと叩いて合図する光景をジャガーズのネタでしか見たことなかったので生で観れて感動。
・紹介ダンスで大吾くんと一緒にまとくん達が踊っていることに驚くやら嬉しいやら。
・♪ノイナ前、紫耀のSAX演奏から始まる楽曲で、最上手側大吾くんと岩橋くんが背中合わせでポーズを決める東西あざとい枠魅惑の共演が実現した2016秋(ここ、千秋楽に向けて距離がどう詰まるのか個人的に注目したい)。
・♪ノイナ下手通路中央付近で踊る大晴ウルトラ可愛いハピネスタイム※1。
・なんといっても♪ノイナは大吾くんの手!うつく死!!

【そろそろ13月を探しに行く】
・時の旅人で大吾&内P&康二がセンターに立って歌うこじだいの背中合わせ。赤青こじだいに咽び泣く。わたしの中では、今回大吾くんではなく博多座公演からずっと付いている康二が赤色を着ていることに大きな意味があった。※2

「関西Jr.マンション〜ダンス&三味線〜」
①三味線演奏中よ〜く口元を見ると♪タッタカタッタカ…とリズムをとっている川北きゅん。一旦リズムが途切れる休符でお口キュッと締まるところがかわぴぃ。ご褒美の飴ちゃんあげたい。
②関西Jr.のギター侍正門によるプロさが極まった三味線演奏。所々手元を確認しつつ演奏するJr.が多い中、1人真っ直ぐ前を見据える存在感ゴイスー。

「関西Jr.和メドレーfeat.春松竹」
・白ハチマキを巻いた大西プロのロックダンスから始まり、下手側から大吾くんが登場(大吾くんのハチマキの巻き方が体育大会のJCでめっかわ。JKじゃないよ!JCだよ!!)。
・和傘を開いた康二(上手)と大吾(下手)のダブルセンター間を、流星が駆け抜けて前に立つ流れがエモすぎる。
・♪百花繚乱"乱れる花びら〜"、胸を這う大吾くんの手の動きと顔の色気!しかもその直後に口元がニヤッと笑ったりするもんだから軽く昇天する。扇子を咥えて振り向いた時の顔も。和傘&扇子の大吾くんのペアは古謝だよ!
・3階から観ると群舞の美を感じるし、1階前列だと扇や扇子のバサァッ!パッ!パッ!って音が聞こえて迫力満点。どっちから観るのも大変よき。

「和太鼓とファンカッション」
・ファンカッション松倉くんが時々気合い入れるためか、頬っぺたぷくぅ膨らまして息吐いたりして可愛い。2年前のSHOCKダイゴを思い出したりした。時々お口ムンッてするのも可愛い。とにかくお口が可愛いし、真剣に太鼓叩く姿がかっこE。ラスト決めポーズの時に腕から覗く目元を見て欲しい!ちなみに、松倉くんは全編通して目力がヤバい。上手側は絶好の松松ロックオンスポット♡

【人間の歴史〜悲劇ターン〜】
タイタニック号」
・大吾くんがストーリーテラーとして上手側に登場。タイタニック号が如何に豪華な客船であったか、そして事件のあらすじを述べる。演技班選抜感涙。終始落ち着いて語り、「氷の海へと、沈んでいったのです……。」と締めくくる時の切ない顔が必見。表情と声色で悲劇の始まりを感じさせる空気を作り出すのは流石の一言。あと衣装がめっっちゃ好き。ハット大勝訴。
・地下の船室にいる兄弟は岸くん(兄)とふうがてぁ(弟)。やっぱり風雅くん演技向いてると思うんですがどうですか???タイタニック号への浸水で大パニックの中再び現れる大吾くんが兄弟に早く避難するよう声をかけるんだけど、東西SHOCK弟共演に泣いた。
・岸くん「船が沈むぞぉ〜〜!(絶叫)」で軽率にANOTHERロス。
・船内ショートップダンサーの岩橋くんが、レクイエム(?)に対して「ありがとう、魂が安まるよ……」って言うんだけど人類の枠を超えた神聖な直接目にしてはいけない何かのようで儚さがヤバい(語彙力)。

ヒンデンブルク号爆発事件」
・こちらのストーリーテラーは軍服を着て杖を持った龍太くん。登場場所は同じく上手側。会場に響き渡る発声の仕方から姿勢から看守長ロス待ったなし!杖に両手を添えて背筋を伸ばして立つ姿をつまみにお酒飲める。ロングコート似合いすぎ罪で逮捕。
・記者が神宮寺くんでカメラマンがリチャかな?爆発するヒンデンブルク号の横で飛んでいる人が誰か分かった方は教えてください…気になる……。

第二次世界大戦
・本土への大空襲兄弟は康二(兄)と松倉くん(弟)。松倉くんの絶叫に心が張り裂けてただひたすらツライ。でも木の幹に添えられた康二の指の美しさはやっぱり見てしまう……。更に恐怖で心をざらつかせるような赤いレーザーがこの舞台において好きな演出の1つです。3階からだとよく見えるよ!

「そして平和へ……2020に向けて」
・白スーツを着て正装した赤チーム三馬鹿と岸くん岩橋くん、そして途中から神宮寺くんが登場。パネルの煌びやかさがエレクトリカルパレードを想起させる。あと白スーツを着た正門が新郎にしか見えないので毎回心の中で一方的に結婚を申し込んでる。結婚して………。ここで関西メインではなく、赤チーム三馬鹿を出してくるあたりが"未来≒次世代"と繋がりあるのかなとか考えたりなんだりした。

 

ひとまずは冒頭〜人間の歴史を辿る所(?)まで!

 

※1 大晴は週末のみの出演かもしれない?
※2 中の人は赤青を着るこじだい厨過激派